玄米酵素 フィチン酸

玄米酵素のフィチン酸は体にいいの?それとも悪いの?

玄米酵素の原料である玄米に関して、フィチン酸が体に悪い影響を与えるという説と、逆に体に良いという説があります。
これほど意見が対立する栄養素というのも珍しいですね。
本当に玄米酵素は健康にダイエットできるのか、フィチン酸について調べました。

 

フィチン酸は、ビタミンB群の仲間のイノシトールに6個のリン酸基が結合してできたリン酸化合物です。
フィチン酸には、体内の毒素を取り除く排出作用があります。
このフィチン酸が玄米のデトックス効果を高め、体の中の老廃物が取り除かれて肌がいきいきとしてきます。

 

一方、フィチン酸にはキレート作用があります。
キレート作用とは、金属イオンの封鎖作用です。
玄米には、亜鉛やマグネシウム、カルシウムなど、さまざまなミネラルが豊富に含まれていますが、ミネラルに含まれている金属イオンが、微量栄養素として酵素の化学変化を促すなど、体内でさまざまな働きをします。
しかし、フィチン酸がミネラルと出会うと、金属イオンをがっちり取り込んでしまうので、ミネラルが本来の働きができなくなり、ミネラル不足に陥ってしまいます。
これが、フィチン酸は体に悪いという説の根拠です。

 

では、フィチン酸のデトックス効果説とミネラル欠乏症の原因説、どちらを信じれば良いのでしょう?

 

玄米を炊いて食べた場合、デトックス作用があるということは、体が必要としているミネラルまで排出してしまう可能性があるので、ミネラル不足に注意しなければなりません。
発芽したての段階で分解されているフィチンの量がごくわずかなので、発芽玄米を食べてもフィチン酸がミネラル吸収を阻害するのを十分防げません。

 

玄米酵素に含まれる麹菌にはフィチン酸を分解する作用があります。
そのため、玄米酵素を食べると、フィチン酸がイオンを放出する結果、ミネラルを吸収できます。

 

このように、フィチン酸の作用を考えた場合、玄米は、炊いてそのまま食べるよりも玄米酵素として食べる方が、ミネラル不足の心配をしなくて良いので安心です。

玄米酵素のフィチン酸について関連ページ

玄米と発芽玄米と玄米酵素はどこが違うの?
玄米酵素ダイエットが流行っています。では玄米酵素とはなんでしょうか?他の酵素と何が違うの?ダイエット効果は?どんな効能があるの?そんな疑問にお答えしています。
玄米が酵素の原料であるというメリットとは?
玄米酵素ダイエットが流行っています。ですが玄米と野菜や果物とった他の原料と玄米は何が違うのでしょうか?玄米の何が優れているのでしょうか?そんな疑問にお答えしています。
玄米がダイエットに理想的な理由
玄米酵素ダイエットが流行っています。理由は玄米のその素晴らしい栄養価。ダイエットにも最適です。では白米とはどのように違うのでしょうか?比較してみました。
玄米に含まれるSOD酵素とは?
玄米酵素ダイエットが流行っています。中でも注目したいのは「SOD酵素」です。この「SOD酵素」は何が良いのでしょうか?そんな疑問にお答えしています。
玄米酵素がダイエットに効果的な理由とは?
玄米酵素ダイエットが流行っています。では玄米のどんなところがダイエットに向いていて、効果的なのでしょうか?そんな疑問にお答えしています。
玄米酵素は美肌効果もアリ!
玄米酵素ダイエットが流行っています。ですが玄米酵素はダイエットだけでなく美肌効果もあるのです!玄米酵素の何が美肌に効果的なのでしょうか?
玄米酵素はデトックス効果もアリ!
玄米酵素ダイエットが流行っています。ですが玄米酵素はダイエットだけでなくデトックス効果もあるのです!玄米酵素の何がデトックスに効果的なのでしょうか?
玄米酵素でホルモンバランス改善!
玄米酵素ダイエットが流行っています。ですが玄米酵素はダイエットだけでなくホルモンバランス改善効果もあるのです!玄米酵素の何がホルモンバランス改善に効果的なのでしょうか?
玄米のイノシトールに脂肪燃焼効果!
玄米酵素ダイエットが流行っています。そのダイエット効果を生かすのが「イノシトール」です。この「イノシトール」の効果について書いています。
玄米酵素で貧血予防効果!
玄米酵素ダイエットが流行っています。ですが玄米酵素はダイエットだけでなく貧血の予防・改善効果もあるのです!玄米酵素の何が貧血の予防・改善に効果的なのでしょうか?